12:51

観た聴いたモノの感想。
好きなもの欲しいものは羅列。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
SPONSORED LINKS
SEARCH
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
| main | ジャケット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
プルートで朝食を
プルートで朝食を
プルートで朝食を
キリアン・マーフィー
★★★★★
70年代、音楽、イギリス、オカマ。全てにおいてツボだった。
話も最後の最後では良い終わり方でほっとした。
冒頭のシュガー・ベイビー・ラヴをBGMに小鳥が会話してるシーンもかわいい!
70年代ファッションにもすごい力入れてて見てて楽しかった。超カラフル。
でも主役のキトゥン役のキリアン・マーフィーが一番かわいい。
学校の作文の時間にエロ小説書いたり制服をオカマ仕様にしたり、台詞も詩的だし(しかもオカマ声で)てかこの人の演技がすごい好き!
あとイギリスとアイルランドの問題が深く関わってて、この時代が結構IRAの活動が過激だったんだなーと。勉強になった。
ローレンスが事件に巻き込まれて死ぬシーンは結構ショックだった。
LIBSのピートもアイルランドの血が入ってて、その所為で子供の頃はかなりいじめられたらしい。
キリアン・マーフィー自体アイルランド人で結構それ系の映画に出てるので他のも見てみようかなと思います。
てかいつも思うけどオカマ役する人って仕草言葉すごい女っぽくするけど撮影後その癖ちゃんと抜けるんだろうか。
| | movie | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |